不動産売却時、業者の利益は売買の手数料になります。通常売る側から3%、買う側から3%で売却価格の6%が利益になります。たとえば、AさんがBさんにマンションを1,000万円で売却したとして、不動産業者はその仲介手数料として60万円が利益になります。ということは、不動産売却にはあくまでも買い手が現れなければ売買は成立しないことになります。
不動産売却をする
この他にも、実は不動産業者が買い取りをするケースがあります。最近では、買い取り専門の業者も増えています。当然互いにメリット、デメリットはあります。買い取りのメリットは、時間が短縮できること。一般的な売却は買主が現れるまで待たなければいけませんが、買い取りは業者が買うので時間は掛かりません。また、内覧会に立ち会う必要もないので余計な手間が省けます。他にも、売却後に出た不具合修理の瑕疵担保が免除される、仲介手数料をサービスしてくれる場合もあるなどあります。デメリットは、業者は自社で売れると思うから買い取るので安く手に入れようとします買い取り価格は相場の70%~80%と言われています。高く売りたければ当然売却の方がよい訳ですが、転勤などで時間がない場合は助かります。

売却業者が決まったら、契約になります。その契約にも、専属専任、専任、一般媒介契約の3種類があります専属専任媒介契約は販売活動を全権依頼します。専任媒介契約は専任依頼しますが自分でも販売が可能です。一般媒介契約は複数の業者に販売依頼し自分でも販売できます。当然一般媒介契約の方が多くの業者で販売できるので有利なようですが、業者が力を入れてくれるのは専属専任、専任媒介契約になります。状況に応じた業者選びも大切です。